ブロプレス錠

効能又は効果

 

 

 

ブロプレス錠2・4・8・12の場合 

効能・効果  用法・用量 
高血圧症  通常、成人には1日1回カンデサルタン シレキセチルとして4~8mgを経口投与し、必要に応じ12mgまで増量する。ただし、腎障害を伴う場合には、1日1回2mgから投与を開始し、必要に応じ8mgまで増量する。 
腎実質性高血圧症  通常、成人には1日1回カンデサルタン シレキセチルとして2mgから経口投与を開始し、必要に応じ8mgまで増量する。 
ブロプレス錠2・4・8の場合 

効能・効果  用法・用量 
下記の状態で、アンジオテンシン変換酵素阻害剤の投与が適切でない場合
 慢性心不全(軽症~中等症) 
通常、成人には1日1回カンデサルタン シレキセチルとして4mgから経口投与を開始し、必要に応じ8mgまで増量できる。なお、原則として、アンジオテンシン変換酵素阻害剤以外による基礎治療は継続すること。 
Tags:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*

© お薬教え隊
CyberChimps