タミフルカプセル

効能又は効果

 

 

 

○A型又はB型インフルエンザウイルス感染症及びその予防 

 

 

 

効能又は効果に関連する使用上の注意

 

 

1.
治療に用いる場合には、A型又はB型インフルエンザウイルス感染症と診断された患者のみが対象となるが、抗ウイルス薬の投与がA型又はB型インフルエンザウイルス感染症の全ての患者に対しては必須ではないことを踏まえ、患者の状態を十分観察した上で、本剤の使用の必要性を慎重に検討すること。
特に、幼児及び高齢者に比べて、その他の年代ではインフルエンザによる死亡率が低いことを考慮すること。 

2.
予防に用いる場合には、原則として、インフルエンザウイルス感染症を発症している患者の同居家族又は共同生活者である下記の者を対象とする。 

 

(1)
高齢者(65歳以上) 

(2)
慢性呼吸器疾患又は慢性心疾患患者 

(3)
代謝性疾患患者(糖尿病等) 

(4)
腎機能障害患者(<用法・用量に関連する使用上の注意>の項参照) 

 

3.
1歳未満の患児(低出生体重児、新生児、乳児)に対する安全性及び有効性は確立していない(「小児等への投与」の項参照)。 

4.
本剤はA型又はB型インフルエンザウイルス感染症以外の感染症には効果がない。 

5.
本剤は細菌感染症には効果がない(「重要な基本的注意」の項参照)。 

 

用法及び用量

 

 

1. 治療に用いる場合
通常、成人及び体重37.5kg以上の小児にはオセルタミビルとして1回75mgを1日2回、5日間経口投与する。 

2. 予防に用いる場合

 

(1) *成人
通常、オセルタミビルとして1回75mgを1日1回、7~10日間経口投与する。 

(2) *体重37.5kg以上の小児
通常、オセルタミビルとして1回75mgを1日1回、10日間経口投与する。 

 

*<参考> 

   治療  予防  予防 
対象  成人及び体重37.5kg以上の小児  成人  体重37.5kg以上の小児 
投与法  1回75mg 1日2回  1回75mg 1日1回  1回75mg 1日1回 
投与期間  5日間経口投与  7~10日間経口投与  10日間経口投与 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*

© お薬教え隊
CyberChimps