フロモックス

効能又は効果

 

 

 

<適応菌種>
セフカペンに感性のブドウ球菌属,レンサ球菌属,肺炎球菌,淋菌,モラクセラ(ブランハメラ)・カタラーリス,大腸菌,シトロバクター属,クレブシエラ属,エンテロバクター属,セラチア属,プロテウス属,モルガネラ・モルガニー,プロビデンシア属,インフルエンザ菌,ペプトストレプトコッカス属,バクテロイデス属,プレボテラ属(プレボテラ・ビビアを除く),アクネ菌 

<適応症>
○ 表在性皮膚感染症,深在性皮膚感染症,リンパ管・リンパ節炎,慢性膿皮症 

○ 外傷・熱傷及び手術創等の二次感染,乳腺炎,肛門周囲膿瘍 

○ 咽頭・喉頭炎,扁桃炎(扁桃周囲炎,扁桃周囲膿瘍を含む),急性気管支炎,肺炎,慢性呼吸器病変の二次感染 

○ 膀胱炎,腎盂腎炎 

○ 尿道炎,子宮頸管炎 

○ 胆嚢炎,胆管炎 

○ バルトリン腺炎,子宮内感染,子宮付属器炎 

○ 涙嚢炎,麦粒腫,瞼板腺炎 

○ 外耳炎,中耳炎,副鼻腔炎 

○ 歯周組織炎,歯冠周囲炎,顎炎 

 

 

 

用法及び用量

 

通常,成人にはセフカペン ピボキシル塩酸塩水和物として1回100mg(力価)を1日3回食後経口投与する。
なお,年齢及び症状に応じて適宜増減するが,難治性又は効果不十分と思われる症例には1回150mg(力価)を1日3回食後経口投与する。
Tags:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*

© お薬教え隊
CyberChimps