アーチスト錠

効能又は効果

 

効能又は効果/用法及び用量

 

 

○本態性高血圧症(軽症~中等症)

 

カルベジロールとして、通常、成人1回10~20mgを1日1回経口投与する。なお、年齢、症状により適宜増減する。

 

 

○腎実質性高血圧症

 

カルベジロールとして、通常、成人1回10~20mgを1日1回経口投与する。なお、年齢、症状により適宜増減する。

 

 

○狭心症

 

カルベジロールとして、通常、成人1回20mgを1日1回経口投与する。なお、年齢、症状により適宜増減する。

 

 

○次の状態で、アンジオテンシン変換酵素阻害薬、利尿薬、ジギタリス製剤等の基礎治療を受けている患者
虚血性心疾患又は拡張型心筋症に基づく慢性心不全

 

カルベジロールとして、通常、成人1回1.25mg、1日2回食後経口投与から開始する。1回1.25mg、1日2回の用量に忍容性がある場合には、1週間以上の間隔で忍容性をみながら段階的に増量し、忍容性がない場合は減量する。用量の増減は必ず段階的に行い、1回投与量は1.25mg、2.5mg、5mg又は10mgのいずれかとし、いずれの用量においても、1日2回食後経口投与とする。通常、維持量として1回2.5~10mgを1日2回食後経口投与する。
なお、年齢、症状により、開始用量はさらに低用量としてもよい。また、患者の本剤に対する反応性により、維持量は適宜増減する。
表「<参考>」参照。

 

 

〈参考〉効能又は効果

効能又は効果 錠1.25mg 錠2.5mg 錠10mg 錠20mg
本態性高血圧症
(軽症~中等症)
腎実質性高血圧症
狭心症
虚血性心疾患又は拡張型心筋症に基づく慢性心不全
○:効能あり
-:効能なし

〈参考〉用法及び用量

適応症 投与方法 1回投与量 投与錠数
本態性高血圧症(軽症~中等症)、腎実質性高血圧症錠 1日1回投与 10mg 錠10mg:1錠又は錠20mg:0.5錠
本態性高血圧症(軽症~中等症)、腎実質性高血圧症錠 1日1回投与 20mg 錠10mg:2錠又は錠20mg:1錠
狭心症 1日1回投与 20mg 錠10mg:2錠又は錠20mg:1錠
虚血性心疾患又は拡張型心筋症に基づく慢性心不全 1日2回投与 1.25mg 錠1.25mg:1錠又は錠2.5mg:0.5錠
虚血性心疾患又は拡張型心筋症に基づく慢性心不全 1日2回投与 2.5mg 錠1.25mg:2錠又は錠2.5mg:1錠
虚血性心疾患又は拡張型心筋症に基づく慢性心不全 1日2回投与 5mg 錠1.25mg:4錠又は錠2.5mg:2錠又は錠10mg:0.5錠
虚血性心疾患又は拡張型心筋症に基づく慢性心不全 1日2回投与 10mg 錠2.5mg:4錠又は錠10mg:1錠

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*

© お薬教え隊
CyberChimps