アルファロールカプセル

効能又は効果

 

効能又は効果/用法及び用量

 

 

 

下記疾患におけるビタミンD代謝異常に伴う諸症状(低カルシウム血症、テタニー、骨痛、骨病変等)の改善
慢性腎不全、副甲状腺機能低下症、ビタミンD抵抗性クル病・骨軟化症

 

骨粗鬆症

 

 

 

用法及び用量

 

 

本剤は、患者の血清カルシウム濃度の十分な管理のもとに、投与量を調整する。

 

 

慢性腎不全、骨粗鬆症の場合
通常、成人1日1回アルファカルシドールとして0.5~1.0μgを経口投与する。
ただし、年齢、症状により適宜増減する。

 

副甲状腺機能低下症、その他のビタミンD代謝異常に伴う疾患の場合
通常、成人1日1回アルファカルシドールとして1.0~4.0μgを経口投与する。
ただし、疾患、年齢、症状、病型により適宜増減する。

 

(小児用量)
通常、小児に対しては骨粗鬆症の場合には1日1回アルファカルシドールとして0.01~0.03μg/kgを、その他の疾患の場合には1日1回アルファカルシドールとして0.05~0.1μg/kgを経口投与する。
ただし、疾患、症状により適宜増減する。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*

© お薬教え隊
CyberChimps