キックリンカプセル250mg

効能又は効果

 

 

 

 

 

下記患者における高リン血症の改善
透析中の慢性腎不全患者

 

 

 

 

用法及び用量

 

 

通常、成人には、ビキサロマーとして1回500mgを開始用量とし、1日3回食直前に経口投与する。以後、症状、血清リン濃度の程度により適宜増減するが、最高用量は1日7,500mgとする。

 

 

用法及び用量に関連する使用上の注意

 

 

1.
投与量は血清リン濃度が3.5~6.0mg/dLとなるよう、以下の基準を目安に適宜増減する。

 

2.
本剤投与開始時又は用量変更時には、1週間後を目安に血清リン濃度の確認を行うこと。

 

3.
増量を行う場合は1週間以上の間隔をあけて行うこと。

 

 

使用上の注意

 

慎重投与

(次の患者には慎重に投与すること)

 

 

1.
便秘のある患者[症状が悪化した場合、腸閉塞、腸管穿孔を起こすおそれがある。]

 

2.
腸管狭窄のある患者[非吸収性ポリマーのため、腸閉塞、腸管穿孔を起こすおそれがある。]

 

3.
腸管憩室のある患者[憩室部位に腸管穿孔を起こすおそれがある。]

 

4.
腹部手術歴のある患者[腸管の癒着等が生じ、腸閉塞を起こすおそれがある。]

 

5.
痔疾患のある患者[症状を悪化させるおそれがある。]

 

6.
消化管潰瘍又はその既往歴のある患者[症状を悪化又は再発させるおそれがある。]

 

7.
重度の消化管運動障害を有する患者[症状を悪化させるおそれがある。]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*

© お薬教え隊
CyberChimps