サノレックス錠

効能又は効果

 

 

 

あらかじめ適用した食事療法及び運動療法の効果が不十分な高度肥満症(肥満度が+70%以上又はBMIが35以上)における食事療法及び運動療法の補助 

 

 

 

効能又は効果に関連する使用上の注意

 

 

1.
肥満症治療の基本である食事療法及び運動療法をあらかじめ適用し、その効果が不十分な高度肥満症患者にのみ、本剤の使用を考慮すること。 

2.
本剤は肥満度が+70%以上又はBMIが35以上の高度肥満症であることを確認した上で適用を考慮すること。
肥満度(%)=(実体重-標準体重)/標準体重×100
BMI(Body Mass Index)=体重(kg)/身長(m)2 

3.
内分泌性肥満、遺伝性肥満、視床下部性肥満等の症候性(二次性)肥満患者においては、原疾患の治療を優先させること。 

 

用法及び用量

 

 

本剤は肥満度が+70%以上又はBMIが35以上の高度肥満症患者に対して、食事療法及び運動療法の補助療法として用いる。
通常、成人には、マジンドールとして0.5mg(1錠)を1日1回昼食前に経口投与する。1日最高投与量はマジンドールとして1.5mg(3錠)までとし、2~3回に分けて食前に経口投与するが、できる限り最小有効量を用いること。
投与期間はできる限り短期間とし、3ヵ月を限度とする。なお、1ヵ月以内に効果のみられない場合は投与を中止すること。 

 

用法及び用量に関連する使用上の注意

 

 

1.
食事量、体重の推移、食生活等に留意の上、常に投与継続の可否、投与量について注意すること。 

2.
本剤は、睡眠障害を引き起こすことがあるので夕刻の投与は避けること。 

 

使用上の注意

 

慎重投与

(次の患者には慎重に投与すること)

 

 

1.
糖尿病の患者〔インスリン、経口糖尿病剤の必要量が変化することがある。〕 

2.
精神病の既往歴のある患者(【禁忌】8.の項参照) 

3.
てんかん又はその既往歴のある患者〔本剤の副作用で痙攣が報告されており、発作を誘発するおそれがある。〕 

4.
高齢者(「高齢者への投与」の項参照) 

 

 

 

重要な基本的注意

 

 

1.
本剤投与中に肺高血圧症があらわれたとの報告があり、また、海外で、食欲抑制剤の長期投与により肺高血圧症の発症の危険性が増加するとの報告があるので、本剤を3ヵ月を超えて投与しないこと。 

2.
急激な減量による心血管系の合併症のリスクを避けるため本剤投与中は体重の推移に注意すること。 

3.
本剤投与中の患者には、自動車の運転等危険を伴う機械の操作に従事させないように注意すること。 
Tags:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*

© お薬教え隊
CyberChimps