ニトロペン舌下錠

効能又は効果

 

効能又は効果/用法及び用量

 

 

狭心症、心筋梗塞、心臓喘息、アカラジアの一時的緩解

 

ニトログリセリンとして、通常成人0.3~0.6mg (本剤1~2錠) を舌下投与する。狭心症に対し投与後、数分間で効果のあらわれない場合には、更に0.3~0.6mg (本剤1~2錠) を追加投与する。
なお、年齢、症状により適宜増減する。
本剤は舌下で溶解させ、口腔粘膜より吸収されて速やかに効果を発現するもので、内服では効果がない。
Tags:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*

© お薬教え隊
CyberChimps