ミラノール

効能又は効果

 

 

 

齲蝕の予防 

 

 

 

用法及び用量

 

 

通常1回フッ化ナトリウムとして0.05~0.1%溶液5~10mLを用い、1日1回食後又は就寝前に次の方法により洗口する。 

<洗口方法> 

 

薬液を口に含み、約30秒間薬液が十分に歯面にゆきわたるように含み洗いさせる。次に薬液を十分に吐き出させる。 

1回に口に含む液量は、年齢等による口腔の大きさを考慮して定めるが、通常未就学児で5mL、学童以上で7~10mLが適当である。 

 

 

 

(一般的洗口方法) 

A.洗口液(薬液)の調製法 

 

本剤は易溶性顆粒であり、水を加えてかるくふりまぜることにより容易に溶解して無色・芳香性の洗口液となります。 

本剤の洗口液のフッ化ナトリウム濃度は次のとおりです。 

 

本剤の溶解・洗口液の保存にはプラスチック製容器を使用して下さい。 

 

 

 

B.洗口(含み洗い)の方法 

 

(1)
薬液を口に含み、約30秒間薬液が十分に歯面にゆきわたるように、口を閉じ頬を動かし含み洗い(ブクブクうがい)をさせて下さい。(洗口図参照) 

(2)
洗口は、嚥下を避ける目的で、下を向いて行うよう指導して下さい。(洗口図参照)
 

(3)
洗口後の薬液は十分に吐き出させて下さい。 

(4)
洗口の前には、歯をみがくか、水で口すすぎするよう指導して下さい。 

(5)
1回に口に含む液量を2回に分けて口に入れないよう指導して下さい。(1回分の液量を取り出し、口に含んだ後の残った液は捨てさせて下さい。) 

 

 

使用上の注意

 

副作用

 

 

副作用等発現状況の概要

 

 

本剤は使用成績調査等の副作用発現頻度が明確となる調査を実施していない。 

 

その他の副作用

 

 

頻度不明
過敏症 過敏症状があらわれたとの報告があるので、そのような場合には、ただちに洗口を中止させること。

 

 

 

適用上の注意

 

 

1.
齲蝕の予防(洗口)にのみ使用すること。 

2.
飲み込まないようよく指導すること。 

3.
飲み込むおそれのある幼児には使用しないこと。 

4.
誤って飲用し、嘔吐、腹痛、下痢などの急性中毒症状を起こした場合には、牛乳、グルコン酸カルシウム水和物などのカルシウム剤を応急的に服用させ、医師の診療を受けさせること。 

5.
歯科医師の指導により使用すること。 

 

 

薬効薬理

 

フッ素のう蝕予防機序1)

 

Tags:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*

© お薬教え隊
CyberChimps