タンナルビン

禁忌

 

(次の患者には投与しないこと) 

 

1.
出血性大腸炎の患者〔腸管出血性大腸菌(O157等)や赤痢菌等の重篤な細菌性下痢患者では、症状の悪化、治療期間の延長をきたすおそれがある。〕 

2.
牛乳アレルギーのある患者〔ショックまたはアナフィラキシー様症状を起こすことがある。〕 

3.
本剤に対し過敏症の既往歴のある患者 

 

 

 

原則禁忌

 

(次の患者には投与しないことを原則とするが、特に必要とする場合には慎重に投与すること) 

 

細菌性下痢のある患者〔治療期間の延長をきたすおそれがある。〕 

 

 

 

効能又は効果

 

効能又は効果/用法及び用量

 

 

 

下痢症 

 

 

 

用法及び用量

 

タンニン酸アルブミンとして、通常、成人1日3~4gを3~4回に分割して経口投与する。
なお、年齢、症状により適宜増減する。 

 

使用上の注意

 

慎重投与

(次の患者には慎重に投与すること)

 

 

肝障害のある患者〔肝障害を悪化させるおそれがある。〕 

 

 

相互作用

 

併用禁忌

 

(併用しないこと) 

 

経口鉄剤

 

併用により相互に作用が減弱することがあるので、併用しない。 

本剤は鉄と結合しタンニン酸鉄となり、タンニン酸による収れん作用が減弱すると考えられる。 

 

Tags:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*

© お薬教え隊
CyberChimps