マーベロン21/マーベロン28

効能又は効果

 

効能又は効果/用法及び用量

 

 

避妊

 

 

効能又は効果に関連する使用上の注意

 

 

経口避妊剤使用開始1年間の飲み忘れを含めた一般的使用における失敗率は8%との報告がある(「臨床成績」の項参照)。 

 

用法及び用量

 

 

マーベロン21
1日1錠を毎日一定の時刻に計21日間連続経口投与し、その後7日間休薬する。同様の方法で、避妊する期間繰り返し投与する。 

マーベロン28
1日1錠を毎日一定の時刻に白色錠を21日間連続経口投与し、続けて緑色錠を7日間、合計28日間連続投与する。次周期以降は、消退出血の有無にかかわらず、引き続き白色錠より投与を開始し、28日間連続投与する。したがって、1周期目の投与開始より休薬期間は一切とらない。通常、緑色錠服用中に月経(消退出血)が発来する。 

 

用法及び用量に関連する使用上の注意

 

 

1.
本剤は、他の経口避妊剤の投与が適当でないと考えられる場合に投与を考慮すること[レボノルゲストレル等の経口避妊剤と比較して、静脈血栓症の相対危険率を増加させることを示唆する報告がある。(「その他の注意」の項参照)]。 

2.
毎日一定の時刻に服用させること(「重要な基本的注意」の項参照)。 

3. 服用開始日
経口避妊剤を初めて服用させる場合、月経第1日目から服用を開始させる。服用開始日が月経第1日目から遅れた場合、飲みはじめの最初の1週間は他の避妊法を併用させること。
Tags:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*

© お薬教え隊
CyberChimps