ノルバスク錠

効能又は効果

 

 

 

高血圧症、狭心症 

 

 

 

効能又は効果に関連する使用上の注意

 

 

本剤は効果発現が緩徐であるため、緊急な治療を要する不安定狭心症には効果が期待できない。 

 

用法及び用量

 

 

・高血圧症
通常、成人にはアムロジピンとして2.5~5mgを1日1回経口投与する。なお、症状に応じ適宜増減するが、効果不十分な場合には1日1回10mgまで増量することができる。 

・狭心症
通常、成人にはアムロジピンとして5mgを1日1回経口投与する。なお、症状に応じ適宜増減する。
Tags:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*

© お薬教え隊
CyberChimps