ムコスタ錠

効能又は効果

 

 

 

胃潰瘍

 

下記疾患の胃粘膜病変(びらん、出血、発赤、浮腫)の改善

 

 

急性胃炎、慢性胃炎の急性増悪期

 

 

 

 

用法及び用量

 

 

胃潰瘍
*通常、成人には1回レバミピドとして100mg(ムコスタ錠100mg:1錠、ムコスタ顆粒20%:0.5g)を1日3回、朝、夕及び就寝前に経口投与する。

 

下記疾患の胃粘膜病変(びらん、出血、発赤、浮腫)の改善
急性胃炎、慢性胃炎の急性増悪期
*通常、成人には1回レバミピドとして100mg(ムコスタ錠100mg:1錠、ムコスタ顆粒20%:0.5g)を1日3回経口投与する。
Tags:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*

© お薬教え隊
CyberChimps