default

アルギU配合顆粒

禁忌

 

(次の患者には投与しないこと) 

 

1.
アルギナーゼ欠損症の患者[アルギニン血症を増悪させる。]

 

2.
リジン尿性蛋白不耐症の患者で、アルギニンの吸収阻害の程度が大きい患者[本剤投与により下痢を起こすことがある。]

 

 

 

 

効能又は効果

 

効能又は効果/用法及び用量

 

 

 

下記疾患における血中アンモニア濃度の上昇抑制
先天性尿素サイクル異常症[カルバミルリン酸合成酵素欠損症、オルニチントランスカルバミラーゼ欠損症、アルギニノコハク酸合成酵素欠損症(シトルリン血症)、アルギニノコハク酸分解酵素欠損症(アルギニノコハク酸尿症)]又はリジン尿性蛋白不耐症(ただし、アルギニンの吸収阻害が強い患者を除く)

 

 

 

 

効能又は効果に関連する使用上の注意

 

 

本剤は、先天性尿素サイクル異常症(アルギナーゼ欠損症を除く)又はリジン尿性蛋白不耐症(ただし、アルギニンの吸収阻害が強い患者を除く)と診断された患者に投与すること。

 

 

用法及び用量

 

 

通常、1日量として、体重1kg当たり0.15~0.50g(L‐アルギニンとして0.12~0.38g)を3~6回に分割し、経口投与する。なお、年齢、症状に応じて適宜増減する。
一般に少量より開始し、血中アンモニア濃度、自他覚症状等を参考に十分な効果が得られるまで漸増する。また、食事管理(低蛋白食)及び必須アミノ酸補給等の十分な栄養管理の下に投与する。

 

 

用法及び用量に関連する使用上の注意

 

 

1.
本剤の適用患者の維持期(高アンモニア血症による非発作時)の基本は栄養治療であり、食事管理(低蛋白食)及び必須アミノ酸補給等の十分な栄養管理の下に本剤を投与する必要があるので、食事指導を行うこと。

 

2.
風邪、過激な運動、食事及び便秘等により高アンモニア血症が悪化した場合は適宜増量する。また、急激に血中アンモニア濃度が上昇した場合にはアルギニン注射剤あるいは他の治療法を検討すること。
Tags:
default

ツルバダ配合錠

効能又は効果

 

 

 

HIV-1感染症

 

 

 

 

用法及び用量

 

 

通常,成人には1回1錠(エムトリシタビンとして200mg及びテノホビル ジソプロキシルフマル酸塩として300mgを含有)を1日1回経口投与する。なお,投与に際しては必ず他の抗HIV薬と併用すること。

 

 

用法及び用量に関連する使用上の注意

 

 

1.
本剤はエムトリシタビン及びテノホビル ジソプロキシルフマル酸塩の固定用量を含有する配合剤であるので,エムトリシタビン又はテノホビル ジソプロキシルフマル酸塩の個別の用法・用量の調節が必要な患者には,個別のエムトリシタビン製剤(エムトリバカプセル200mg)又はテノホビル ジソプロキシルフマル酸塩製剤(ビリアード錠300mg,以下「テノホビル製剤」と略す)を用いること。なお,エムトリシタビン製剤及びテノホビル製剤の使用にあたっては,それぞれの製品添付文書を熟読すること。

 

2.
本剤に加えてエムトリシタビン製剤又はテノホビル製剤を併用投与しないこと。

 

3.
腎機能障害のある患者では,エムトリシタビン製剤及びテノホビル製剤の薬物動態試験においてエムトリシタビンとテノホビルの血中濃度が上昇したとの報告があるので,腎機能の低下に応じて,次の投与方法を目安とする(外国人における薬物動態試験成績による)。

 

 

使用上の注意

 

慎重投与

(次の患者には慎重に投与すること)

 

 

腎障害のある患者[中等度及び重篤な腎機能障害のある患者では,エムトリシタビン及びテノホビルの血中濃度が上昇する(「用法・用量に関連する使用上の注意」,「重要な基本的注意」及び「薬物動態」<外国人における成績>の「3.腎不全患者」の項参照)。]

 

 

 

重要な基本的注意

 

 

1.
本剤の使用に際しては,患者又はそれに代わる適切な者に次の事項についてよく説明し同意を得た後,使用すること。

 

 

(1)
本剤はHIV感染症の根治療法薬ではないことから,日和見感染症を含むHIV感染症の進展に伴う疾病を発症し続ける可能性があるので,本剤投与開始後の身体状況の変化については全て担当医に報告すること。

 

(2)
本剤の長期投与による影響については現在のところ不明であること。

 

(3)
本剤による治療が,性的接触又は血液汚染等による他者へのHIV感染の危険性を低下させるかどうかは証明されていないこと。

 

 

2.
本剤を含む核酸系逆転写酵素阻害薬の単独投与又はこれらの併用療法により,重篤な乳酸アシドーシス及び脂肪沈着による重度の肝腫大(脂肪肝)が,女性に多く報告されているので,乳酸アシドーシス又は肝細胞毒性が疑われる臨床症状又は検査値異常(アミノトランスフェラーゼの急激な上昇等)が認められた場合には,本剤の投与を一時中止すること。特に肝疾患の危険因子を有する患者においては注意すること。

 

3.
本剤を含む抗HIV薬の多剤併用療法を行った患者で,免疫再構築症候群が報告されている。投与開始後,免疫機能が回復し,症候性のみならず無症候性日和見感染(マイコバクテリウムアビウムコンプレックス,サイトメガロウイルス,ニューモシスチス等によるもの)等に対する炎症反応が発現することがあるので,これらの炎症性の症状を評価し,必要時には適切な治療を考慮すること。

 

4.
腎障害の既往,合併又はリスクを有する患者に本剤を投与する場合には,血中クレアチニン,血中リン酸塩の変動を注意深く観察し,投与法を調節する等の適切な処置を行うこと。また,腎毒性を有する薬剤との併用は避けることが望ましい。

 

5.
テノホビル製剤の試験において,144週間の投与により腰椎と大腿骨頚部の骨密度の減少が見られている。骨密度の減少した患者の大部分は,投与開始後24~48週目にかけて発現し,以降は144週目まで安定していた。臨床的意義は不明であるが,病的骨折の既往のある患者又はその他の慢性骨疾患を有する患者では,観察を十分に行い,異常が認められた場合には,投与を中止するなど適切な処置を行うこと。

 

6.
核酸系逆転写酵素阻害薬(NRTI)3成分のみを用いる一部の治療は,NRTI2成分に非核酸系逆転写酵素阻害薬又はHIV-1プロテアーゼ阻害薬を併用する併用療法と比べて,概して効果が低いことが報告されているので,本剤と他のNRTI1成分のみによる治療で効果が認められない場合には他の組み合わせを考慮すること。

 

7.
本剤の有効成分であるエムトリシタビンの薬剤耐性を含むウイルス学的特性はラミブジンと類似しているので,本剤とラミブジンを含む製剤を併用しないこと。また,ラミブジン及びテノホビル ジソプロキシルフマル酸塩を含む抗HIV療法においてウイルス学的効果が得られず,HIV-1逆転写酵素遺伝子のM184V/I変異が認められた場合,ラミブジン及びテノホビル ジソプロキシルフマル酸塩を本剤に変更することのみで効果の改善は期待できない。

 

8.
アジア系人種におけるエムトリシタビン製剤の薬物動態は十分検討されていないが,少数例の健康成人及び B型慢性肝炎のアジア系人種において,Cmaxの上昇を示唆する成績が得られているので,HBV感染症合併患者を含め,副作用の発現に注意すること。

 

9.
抗HIV薬の使用により,体脂肪の再分布/蓄積があらわれることがあるので,異常が認められた場合には適切な処置を行うこと。

 

10.
エムトリシタビン製剤の試験において皮膚変色が発現し,その発現頻度は有色人種に高いことが示唆されている。その原因は現在のところ不明であり,外国の規制当局からの指示により,発現機序等について検討中である。
Tags: ,
default

ベンザリン

禁忌

 

(次の患者には投与しないこと) 

 

1. 本剤の成分に対し過敏症の既往歴のある患者
2. 急性狭隅角緑内障の患者[眼圧を上昇させるおそれがある。]
3. 重症筋無力症の患者[重症筋無力症の症状を悪化させるおそれがある。]

 

 

 

原則禁忌

 

(次の患者には投与しないことを原則とするが、特に必要とする場合には慎重に投与すること) 

肺性心,肺気腫,気管支喘息及び脳血管障害の急性期等で呼吸機能が高度に低下している場合[炭酸ガスナルコーシスを起こしやすい。(「副作用」の項参照)] 

 

 

効能又は効果/用法及び用量

 

効能又は効果

 

 

 

1. 不眠症
2. 麻酔前投薬
3. 異型小発作群
点頭てんかん,ミオクロヌス発作,失立発作等
焦点性発作
焦点性痙攣発作,精神運動発作,自律神経発作等

 

 

 

用法及び用量

 

 

1. 不眠症に用いる場合
通常,成人にはニトラゼパムとして1回5~10mgを就寝前に経口投与する。
なお,年齢,症状により適宜増減する。

 

2. 麻酔前投薬の場合
通常,成人にはニトラゼパムとして1回5~10mgを就寝前又は手術前に経口投与する。
なお,年齢,症状,疾患により適宜増減する。

 

3. 抗てんかん剤として用いる場合
通常,成人・小児ともニトラゼパムとして1日5~15mgを適宜分割投与する。
なお,年齢,症状により適宜増減する。

 

 

用法及び用量に関連する使用上の注意

 

不眠症には,就寝の直前に服用させること。また,服用して就寝した後,睡眠途中において一時的に起床して仕事等をする可能性があるときは服用させないこと。
default

ミニリンメルトOD錠

禁忌

 

(次の患者には投与しないこと) 

 

1.
低ナトリウム血症の患者[低ナトリウム血症を増悪させるおそれがある。]

 

2.
習慣性又は心因性多飲症の患者(尿生成量が40mL/kg/24時間を超える)[低ナトリウム血症が発現しやすい。]

 

3.
心不全の既往歴又はその疑いがあり利尿薬による治療を要する患者[低ナトリウム血症が発現しやすい。]

 

4.
抗利尿ホルモン不適合分泌症候群の患者[低ナトリウム血症が発現しやすい。]

 

5.
中等度以上の腎機能障害のある患者(クレアチニンクリアランスが50mL/分未満)[血中半減期の延長、血中濃度の増加が認められる。]

 

6.
本剤の成分に対し過敏症の既往歴のある患者

 

 

 

 

効能又は効果

 

 

 

尿浸透圧あるいは尿比重の低下に伴う夜尿症

 

 

 

 

用法及び用量

 

 

通常、1日1回就寝前にデスモプレシンとして120μgから経口投与し、効果不十分な場合は、1日1回就寝前にデスモプレシンとして240μgに増量することができる。

 

 

用法及び用量に関連する使用上の注意

 

 

夜尿症治療における水分摂取管理の重要性を考慮し、本剤は水なしで飲むこと。なお、本剤は口の中(舌下)に入れると速やかに溶ける。
Tags:
default

エディロールカプセル

効能又は効果

 

 

 

○骨粗鬆症

 

 

 

 

効能又は効果に関連する使用上の注意

 

 

1.
本剤の適用にあたっては、日本骨代謝学会の診断基準等を参考に、骨粗鬆症との診断が確定している患者を対象とすること。

 

2.
男性患者における安全性及び有効性は確立していない。

 

 

用法及び用量

 

通常、成人にはエルデカルシトールとして1日1回0.75μgを経口投与する。ただし、症状により適宜1日1回0.5μgに減量する。

 

 

用法及び用量に関連する使用上の注意

 

 

血清カルシウム値を定期的に測定し、高カルシウム血症を起こした場合には、直ちに休薬すること。休薬後は、血清カルシウム値が正常域まで回復した後に、1日1回0.5μgで投与を再開すること。なお、本剤1日1回0.5μg投与による骨折予防効果は確立していないため、漫然と投与を継続せず、患者の状態に応じ、1日1回0.75μgへの増量又は他剤による治療への変更を考慮すること。
Tags:
default

キックリンカプセル250mg

効能又は効果

 

 

 

 

 

下記患者における高リン血症の改善
透析中の慢性腎不全患者

 

 

 

 

用法及び用量

 

 

通常、成人には、ビキサロマーとして1回500mgを開始用量とし、1日3回食直前に経口投与する。以後、症状、血清リン濃度の程度により適宜増減するが、最高用量は1日7,500mgとする。

 

 

用法及び用量に関連する使用上の注意

 

 

1.
投与量は血清リン濃度が3.5~6.0mg/dLとなるよう、以下の基準を目安に適宜増減する。

 

2.
本剤投与開始時又は用量変更時には、1週間後を目安に血清リン濃度の確認を行うこと。

 

3.
増量を行う場合は1週間以上の間隔をあけて行うこと。

 

 

使用上の注意

 

慎重投与

(次の患者には慎重に投与すること)

 

 

1.
便秘のある患者[症状が悪化した場合、腸閉塞、腸管穿孔を起こすおそれがある。]

 

2.
腸管狭窄のある患者[非吸収性ポリマーのため、腸閉塞、腸管穿孔を起こすおそれがある。]

 

3.
腸管憩室のある患者[憩室部位に腸管穿孔を起こすおそれがある。]

 

4.
腹部手術歴のある患者[腸管の癒着等が生じ、腸閉塞を起こすおそれがある。]

 

5.
痔疾患のある患者[症状を悪化させるおそれがある。]

 

6.
消化管潰瘍又はその既往歴のある患者[症状を悪化又は再発させるおそれがある。]

 

7.
重度の消化管運動障害を有する患者[症状を悪化させるおそれがある。]
default

ヒルドイドソフト軟膏

効能又は効果

 

 

 

皮脂欠乏症、進行性指掌角皮症、凍瘡、肥厚性瘢痕・ケロイドの治療と予防、血行障害に基づく疼痛と炎症性疾患(注射後の硬結並びに疼痛)、血栓性静脈炎(痔核を含む)、外傷(打撲、捻挫、挫傷)後の腫脹・血腫・腱鞘炎・筋肉痛・関節炎、筋性斜頸(乳児期) 

 

 

 

用法及び用量

 

 

[ヒルドイドクリーム0.3%、ヒルドイドソフト軟膏0.3%]
通常、1日1~数回適量を患部に塗擦又はガーゼ等にのばして貼付する。 

[ヒルドイドローション0.3%]
通常、1日1~数回適量を患部に塗布する。 
default

アフタッチ

効能又は効果

 

 

 

アフタ性口内炎 

 

 

 

用法及び用量

 

 

通常、1患部に1回1錠ずつを、1日1~2回、白色面を患部粘膜に付着させて用いる。
なお、症状により適宜増量する。 

2. 使用方法
指先を唾液でぬらし、錠剤の着色面(淡黄赤色支持層)に指先をつけ、指先に錠剤を付着させ、そのまま錠剤で患部をできるだけ被覆するように患部粘膜に白色面を軽く当て、2~3秒指先で押さえたのち指先を離す。 

3. 使用時

 

(1)
本剤は正しく使用しないと付着しないことがあるので、次の諸点に注意すること。 

 

・白色面が唾液でぬれると粘膜への付着性が悪くなるので、注意すること。 

・患部粘膜が唾液などで著しくぬれている場合は、付着しないことがあるので、あらかじめティッシュペーパーやガーゼなどで軽く拭きとってから付着させること。 

・本剤をしっかり患部粘膜に付着させるために、貼付後数分間は舌などで本剤に触れないこと。 

 

(2)
使用部位によっては、付着しにくいことがある。 
Tags:
default

サノレックス錠

効能又は効果

 

 

 

あらかじめ適用した食事療法及び運動療法の効果が不十分な高度肥満症(肥満度が+70%以上又はBMIが35以上)における食事療法及び運動療法の補助 

 

 

 

効能又は効果に関連する使用上の注意

 

 

1.
肥満症治療の基本である食事療法及び運動療法をあらかじめ適用し、その効果が不十分な高度肥満症患者にのみ、本剤の使用を考慮すること。 

2.
本剤は肥満度が+70%以上又はBMIが35以上の高度肥満症であることを確認した上で適用を考慮すること。
肥満度(%)=(実体重-標準体重)/標準体重×100
BMI(Body Mass Index)=体重(kg)/身長(m)2 

3.
内分泌性肥満、遺伝性肥満、視床下部性肥満等の症候性(二次性)肥満患者においては、原疾患の治療を優先させること。 

 

用法及び用量

 

 

本剤は肥満度が+70%以上又はBMIが35以上の高度肥満症患者に対して、食事療法及び運動療法の補助療法として用いる。
通常、成人には、マジンドールとして0.5mg(1錠)を1日1回昼食前に経口投与する。1日最高投与量はマジンドールとして1.5mg(3錠)までとし、2~3回に分けて食前に経口投与するが、できる限り最小有効量を用いること。
投与期間はできる限り短期間とし、3ヵ月を限度とする。なお、1ヵ月以内に効果のみられない場合は投与を中止すること。 

 

用法及び用量に関連する使用上の注意

 

 

1.
食事量、体重の推移、食生活等に留意の上、常に投与継続の可否、投与量について注意すること。 

2.
本剤は、睡眠障害を引き起こすことがあるので夕刻の投与は避けること。 

 

使用上の注意

 

慎重投与

(次の患者には慎重に投与すること)

 

 

1.
糖尿病の患者〔インスリン、経口糖尿病剤の必要量が変化することがある。〕 

2.
精神病の既往歴のある患者(【禁忌】8.の項参照) 

3.
てんかん又はその既往歴のある患者〔本剤の副作用で痙攣が報告されており、発作を誘発するおそれがある。〕 

4.
高齢者(「高齢者への投与」の項参照) 

 

 

 

重要な基本的注意

 

 

1.
本剤投与中に肺高血圧症があらわれたとの報告があり、また、海外で、食欲抑制剤の長期投与により肺高血圧症の発症の危険性が増加するとの報告があるので、本剤を3ヵ月を超えて投与しないこと。 

2.
急激な減量による心血管系の合併症のリスクを避けるため本剤投与中は体重の推移に注意すること。 

3.
本剤投与中の患者には、自動車の運転等危険を伴う機械の操作に従事させないように注意すること。 
Tags:
default

ネオイスコチン

効能又は効果

 

効能又は効果/用法及び用量

 

 

 

〈適応菌種〉
本剤に感性の結核菌

 

〈適応症〉
肺結核及びその他の結核症 

 

 

 

通常成人は、イソニアジドメタンスルホン酸ナトリウム水和物として1日量0.4~1.0g(8~20mg/kg)〈4~10錠〉を1~3回に分けて毎日又は週2日経口投与する。必要な場合には、1日量1.5g〈15錠〉まで増量してもよい。
年齢、症状により適宜増減する。
なお、他の抗結核薬と併用することが望ましい。
Tags:
© お薬教え隊
CyberChimps